HIGHLIGHTS みどころ

ヨーロッパ5大エジプト・
コレクションのひとつ、
ライデン国立古代博物館から
約250点が来日!

ライデン国立古代博物館

ライデン国立古代博物館

オランダ最古の大学都市ライデンの中心部にあるライデン国立古代博物館は、オランダ王国の初代国王ウィレム1世によって1818年に設立された、200年以上の歴史を誇る博物館です。17世紀前半にライデン大学が所蔵していた遺物を基盤としたエジプト・コレクションは現在約2万5千点にのぼり、ヨーロッパにおける5大コレクションのひとつとされています。

また、同館は今日にいたるまで60年以上にわたりエジプトでの発掘調査を行なっていることでも広く知られます。 1960年代にアスワン・ハイ・ダムが建設された際、オランダはユネスコとともに周辺地域における考古学調査の支援を行いました。 その活動を通してエジプト政府との良好な関係が生まれ、遺物の一部を持ち帰ることが許されたほか、ダムの底に沈む運命にあったタフェー神殿はオランダに贈られ、現在ライデン国立古代博物館の一階ロビーに移築されています。

また1970年代からはカイロ南西に位置するサッカラでの発掘調査を現在にいたるまで継続し、ツタンカーメン王の側近であったマヤの墓の調査など、世界をリードする研究も多数進められています。

一階ロビーに移築されたタフェー神殿
一階ロビーに移築されたタフェー神殿
同館に展示されている「マヤとメリトの彫像」
同館に展示されている「マヤとメリトの彫像」

サッカラでの発掘調査

サッカラは古代のエジプトで最初に都が置かれたメンフィスの墓地です。ここには王や庶民が前3000年頃の初期王朝時代から埋葬されました。
ライデン国立古代博物館は、新王国時代第18王朝から第19王朝にかけての墓から出土した彫像やレリーフの最も重要なコレクションの一つを所有しています。
これらの遺物はライデン大学に19世紀の初めに到着しましたが、当初はその正確な出土地が判明していませんでした。

そこで1975年にイギリスのエジプト探査協会と共同の調査隊を組み、同館所蔵のマヤとメリトの著名な彫像がもともと置かれていた墓を再発見すべく、調査を開始したのです。
手始めに、それらの墓にまだ近づくことが可能だった130年前にドイツのレプシウスによって描かれた、サッカラの地図を参考にしました。レプシウスはドイツにおける古代エジプト研究の祖というべき人物で、彼が率い、1842年から45年にかけて調査したエジプトのさまざまな遺跡の記録は大著『エジプトとエチオピアの記念物』として出版され、今日なお多くの研究者によって参照されています。

調査は成功し、マヤとメリトの墓が発見され大きな話題となりました。サッカラにおける発掘調査は、今日もなおトリノ・エジプト博物館とともに行われています。

サッカラで新王国時代の高官墓を発掘している様子
サッカラで新王国時代の高官墓を発掘している様子
アブー・ラワシュで初期王朝時代の墓を調査している様子
アブー・ラワシュで初期王朝時代の墓を調査している様子