MESSAGE ライデン国立古代博物館
館長メッセージ

ウィム・ウェイランド ライデン国立古代博物館館長
ウィム・ウェイランド
ライデン国立古代博物館館長

このたび、ライデン国立古代博物館と日本との コラボレーションにより「ライデン国立古代博 物館所蔵 古代エジプト展」が開催されることを大変嬉しく思います。 本展は、エジプトの遺跡にまつわる歴史的な発見と、現地での発掘調査やCTスキャンなど最新のさまざまな研究を通して、古代エジプト文化の新たな知見を紹介する展覧会です。 200年以上にわたり収集されてきた当館のコレクションから、10数点の棺や5体の人間のミイラ、8体の動物のミイラなどが出品され、日本国内8会場で開催されます。

展覧会では、今回出品される約250点の遺物を通して、18世紀の探検家たちによる最初の発見や、ナポレオンの時代の学者たちが行なった碑文や壁画などの調査、19世紀に撮影された初期の写真、そして近年の最新技術までの一連の流れが紹介されます。 特に、本展のために新たに行なわれた3体の人間のミイラと1体の動物のミイラのCTスキャンの解析データは、ミイラの覆いをデジタル的にはがし、その中がどのようになっているのかを、来場者の皆さんにご覧いただけることでしょう。

本展は2020年4月にはじまり、最終の第8会場は2022年2月に閉幕予定です。 本展が成功裡に開催され、日本全国の皆さんにライデン国立古代博物館の古代エジプト・コレクションを楽しくご覧いただけることを願っております。